トップページ の 沿革

主な協会事業

  • 福祉意識を高める
  • 市民福祉施設を運営する
  • 市民福祉・健康事業に取り組む
  • 福祉の担い手を育てる
  • 協会について
  • 協会設立の趣旨
  • 協会概要・組織図
  • 沿革
  • 定款

事業概要・財務状況

神戸市民の福祉を守る条例

東日本大震災支援活動

お問い合わせ

画像_協会について

沿革

 

◆昭和52年1月

 神戸市民の福祉をまもる条例制定

 

◆昭和53年9月

任意団体「こうべ市民福祉振興協会」発足

 

◆昭和56年6月

「財団法人こうべ市民福祉振興協会」発足

 

◆昭和56年11月

「しあわせの村」着工

 

◆昭和59年4月

サン舞子マンション竣工

 

◆平成元年4月

「しあわせの村」開村

本館・宿泊館、研修館、温泉健康センターの営業を開始

 

◆平成元年9月

保養センター「ひよどり」オープン

フェスピック(極東・南太平洋身体障害者スポーツ大会)神戸大会開催

 

◆平成2年11月

しあわせの村 第1回「こうべ福祉フェア」開催

 

◆平成3年8月

しあわせの村 第1回「しあわせの村夏まつり」開催

 

◆平成5年4月

婦人交流施設「たんぽぽの家」、野外活動センター「あおぞら」オープン

 

◆平成5年7月

「馬事公苑」オープン

 

◆平成5年9月

シルバーカレッジ開学

 

◆平成7年1月

阪神淡路大震災発生

しあわせの村が避難所となり、後に仮設住宅が設置される

 

◆平成9年4月

神戸市年金福祉協会が解散。有馬保養所、垂水年金会館、

保養センター太山寺、ラジウム温泉太山寺などの経営を引き継ぐ

 

◆平成12年4月

介護保険制度の施行に伴い、

居宅介護支援事業者・訪問介護事業者として事業を開始

 

◆平成14年9月

保養センター太山寺、ラジウム温泉太山寺の運営を民間委託

 

◆平成18年4月

「しあわせの村」指定管理者となる。介護保険制度の認定調査業務、

地域包括支援センター巡回調査業務を市から業務委託

本館・宿泊館、温泉健康センターでESCO(Energy Service Company)事業開始

 

◆平成19年3月

しあわせの村宿泊施設、研修館、野外活動施設、

温泉健康センターの運営をアウトソーシング

 

◆平成19年4月

しあわせの村野外スポーツ施設、馬事公苑の運営をアウトソーシング

 

◆平成20年2月末

垂水海浜プール事業を終了

 

◆平成21年1月末

ホームヘルプサービス事業等を終了

 

◆平成21年3月末

認知症介護実践研修事業を移管

配食サービス事業を移管

 

◆平成22年4月

「しあわせの村運営共同事業体」として、「しあわせの村」第2期指定管理者となる。

 

◆平成25年4月

特例民法法人から公益財団法人へと移行

 

◆平成26年4月

「しあわせの村運営共同事業体」として、「しあわせの村」第3期指定管理者となる。